オコエ

    1: 名無しさん 2017/09/02(土) 17:54:23.24 ID:icb2rE0ZK

     楽天のオコエ瑠偉外野手が、自身の連続安打を8試合に伸ばした。2日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。1点ビハインドの6回に、反撃の糸口となる内野安打を放った。

     この回先頭で打席に入ったオコエ。2ボール1ストライクからの4球目、千賀のスライダーを捉えた打球は高いバウンドとなって千賀の頭上を越えた。
    ダッシュしてきた二塁・川島は素手でボールを掴みにいったが、掴みきれずに内野安打となった。8月24日のロッテ戦(ZOZOマリン)で3安打してから、
    これで8試合連続安打。低調な打線の中で奮闘している。

    https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12133-82255/


    引用元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1504342463/

    【オコエが8試合連続安打、千賀のスライダーを捉える】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/09/02(土) 16:36:59.48 ID:v0GhJkB3a

    no title


    なお審判が見ていなかったため反則にはならない模様


    引用元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1504337819/

    【【朗報】楽天コーチ、オコエのオーバーランを体を使って阻止するファインプレー】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/08/19(土)22:21:18 ID:mP9

     8月4日に今季一軍初出場を果たしたオコエ瑠偉が、ここまで奮闘を見せている。
    ペゲーロ不在時は「九番・右翼」に定着し、自己最多となる6試合連続安打をマーク。
    8月15日の西武戦(メットライフ)では4回無死満塁の場面で、
    三塁線を破る走者一掃の同点二塁打を放った。試合は17失点の大敗だったため殊勲の度合いは薄れたが、
    バットで結果を残す場面が目立っている。

     そんな中で、陰の立役者として注目すべき人物がいる。
    栗原健太二軍打撃コーチだ。広島時代は主砲として一時代を築いた右の和製大砲。
    オコエのルーキーイヤー、栗原のラストイヤーとなった昨年が現役での唯一の接点で、
    栗原は現役を引退して今季から指導者人生をスタートさせている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170819-00000007-baseballo-base


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1503148878/

    【オコエ瑠偉2年目の躍進を支えたのは元カープのあの男】の続きを読む


    このページのトップヘ