美馬学

    1: 風吹けば名無し 2013/11/29 07:17:39 ID:0ym26b7U

    同い年の美馬とは隣町で、中学野球で数度対戦した。投げ合ったこともあり、覚えているスコアは0-0などの僅差。「彼はセンスがいいイチローのような打者だった。
    150キロ投手になったのにはびっくり。ずっと見ています。自分は応援しているけど、向こうは知らないでしょうね」。鮮明に記憶に残る大関に対して…。

    美馬 覚えてます。すごく印象に残ってます。僕はあまり人を覚えられないんですけど、覚えてました。体がすごく大きかった。いい試合をした記憶があります。球も速かったし、打撃も良かった。
    野球もすごくうまかった。中学が終わって相撲をやると聞き「えっ」と驚きました。今、日本人の横綱はいないですよね。
    地元のスーパースターなので、みんなが誇れるような強い横綱になってほしい。すごく応援しています。今年のオフに知人を介して一緒にご飯に行く話もしていて、楽しみにしてます。

    http://www.nikkansports.com/m/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20130709-1154463_m.html
    no title


    引用元: 美馬「中学時代、稀勢の里と対戦したことがある」

    【美馬「中学時代、稀勢の里と対戦したことがある」】の続きを読む


    このページのトップヘ